FC2ブログ
プロフィール

トシ0607

Author:トシ0607
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
マクロミルへ登録
フリーエリア
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Google Analytics
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

ケアンズ留学紀行 ~まとめ3 最終回~

どうもこんばんは。

帰国して今日でちょうど2週間が経ちました。留学のまとめ!と言いつつ、もうケアンズにいたときに感じた生々しい感覚は正直薄れています。そういうわけで、振り返るのは今日で最後にして、より未来志向で歩んでいきたいと思います。


○価値観

つくづく感じたことですが、自分と対極の価値観の中で過ごした気がします。スーツ着てる人なんていない、町の中裸足とか水着とかで歩いてる、学校が17時には閉まってる、ビーチではいつもたくさんの人がひなたぼっこ、夕方にはランニングする人いーっぱい。日本語では言い表せない'easy-going'な人でいっぱいです。とても素敵です。放課後にバレーしたり、毎週ビーチでバーベキューしたりとか夢みたいです。

けど、自分がよしとする生活はそういうものではなくて、あーしんどい厳しい、でも何かできるようになった楽しい!です。そんなこと昔からわかってますが、だからこそそういうものを特に求めてきませんでした。一方、本当にそういう中で自分は不満や退屈を感じるんかなぁ?実はめっちゃノビノビ暮らせてそっちのが幸せじゃないんかぁ?という思いはずっと拭えませんでした。

今回の留学では日本でのせかせかとした生活から離れ、そういう思いからも完全自由になることができました。何かを感じるために目の前のものから距離を置くのはいいにしても、常に至らない自分と戦い、安っぽいプライドで走り、粉骨砕身していたいなぁと改めて思うことができました。「貴重」な経験です。

そういう意味ではこのオーストラリアを、その中でも特異なケアンズを選んで心底よかったと思います。選んだ動機はちょっと薄いかもしれません。結果オーラいですがそれでもよかったと言えます。



○未来へ

当初の一番大きな目標であった、日本でもしっかり英語のスキルを向上させる、そのために継続的に生の英語に触れるという点はクリアでき、学習が少しずつ軌道に乗ってきた感があります。もちろんまだまだ甘いですよ。けど、話す機会は確実にあるし、リスニングも通学やその他自転車に乗っている時間、料理してる時間、こうしてブログを書いる時間に確実に伸びています。リーディングも、興味のあるサイトや英会話の教材を通じて毎日新しい文章や情報に触れています。その中で、手段としての英語であることに変わりないにせよ、新たなチャンスを得るための英語という意識が芽生えてきました。

その先に、どうしてもビジネススクール留学という環境の中で研鑽を積む自分と、その後それまで以上に成長し社会に価値を生み出す自分を想像してしまします。もはや妄想の域ですね。会社という枠の中で会社にその機会を与えてもらえる人はごく一部に限られているし、実際働き始めたら何を考えるか想像することは難しいです。けど、少なくともビジネススクールを目指して頭を強くする、伝達・収集手段を高める、キャリアの上で成果を積み重ねることに全く無駄はありません。留学とは異なる形でいい機会に恵まれることだってあるでしょう。

じゃあ何がしたいの?何になるために留学したいの?そのために留学って適切な道なの?とか問い詰めていけばボロはたくさん出ます。むしろ最低限英語ができたらもっと準備すべきものがある、って言ってもそもそも英語力もその最低限に達していないという至らなさもあります。準備すること自体がリスクともとれますが、一方で可能性も認識し始めています。そういうのに向けて準備している人はアツいし、挑戦してる人の生き様はかっこいいです。日本を出て、日本に帰って何かしら成し遂げるとかよりかっこいいです。

自分が挑戦してそのプロセスに乗ったり、成果を上げたりできるかはまた別ですが思い切りやってみてできなかったらまたそのとき考えます。真面目に頑張っているだけでも面白いことがたくさんできる(かもしれない)会社には入ると思います。それ以上にもがき苦しんで、それ以上に何かを得るかどうかの問題です。


こういう思いがストレートに「語学」留学から出たというよりは、青芝的に海外に出て、英語なんて単なる手段として過酷な状況を生き抜いてる人のがかっこいいっていうのが正直なところです。海外で勝手に空想を膨らませたり、日本に戻って振り返りながらまた海外を思い描いただけです。自分から遠いところにある何かを狙っておくべきと思っているだけです。

黙々と、けどたまにやかましくやっていこうと思います。


留学関係の記事20以上書きましたが、読んで下さった方々ありがとうございました。自己満足感がとても強いですが、何かのきっかけになったら嬉しいです。物申したい方はいつでもおっしゃってください。




最新版 大学院留学のすべて~入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)最新版 大学院留学のすべて~入学後絶対後悔しないための10のステップ (アスカカルチャー)
(2011/04/21)
佐藤 庸善

商品詳細を見る









スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちわ~^^
ケアンズのななえです(笑)
私もあそこにずっと住みたいかと聞かれたらnoですw
洋服は日本のほうが可愛いし、紫外線も強いし…お菓子は甘すぎるし…2週間が私の限界でした。。笑
でも、住んでる人はフレンドリーだし、のんびりしてるし、友達もたくさんできて、悲しい、寂しい、不安、楽しい、嬉しいって気持ちはあってもイライラしたり怒ったりすることは無かった。
だからか、仕事をしててもストレスを感じにくくなったし、人を許せるようになった気がする。
ナビタスでは常に片言英語しか話せなかったけど、片言でも思い切って言葉にして話せるようになったことが良かったかも!!
この間、職場に外国人のお客様が来て対応したけど超片言英語だったのに通じたし。w
私は英語の勉強がまだまだ全然足りない。
日本でもっともっといっぱい勉強して、また来年1週間でもいいからお休みもらって行きたいな~って思ってます。
そんなのを毎年できたらいいな~って。
来年から社会人ですね~。
頑張ってください!
非公開コメント