fc2ブログ
プロフィール

トシ0607

Author:トシ0607
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
マクロミルへ登録
フリーエリア
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Google Analytics
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

trippieceで行くペルー・ボリビア11日間の旅 ~5日目 社畜の星に、俺はなる!~

3月1日(木)


●6:00 空港へ出発

5:00起床。あれ、6:00やっけ?

基本毎朝早いですねw

かと言ってみんなが寝静まっててもブログを書いております。

海外にいるとなぜか目覚まし時計使わなくても大体起きれるんですが、
その分日本に戻ると確実に体調に反映されます。

8日辺りそっとしておいてください!



●8:25 リマへ出発

搭乗手続き後、恒例の大富豪では2グループでやったうちの片方で大貧民(=ここでは社畜)。

今回のメンバーの中で最強の社畜への大手です。

リマはこれまたこないだいたところ、ペルー入りしたところです。

元々はクスコからラパスへの便で行くはずだったんですが、フライト2、3日前に欠航。

ペルーを経由してラパスへと向かう経路に変更になりました。


ペルーに到着すると、もうラパス行きの便の出発時間!ピンチ!!

が、現地語ペラペラの日本人の方がこの子ら時間ヤバいんです!!的な感じで取り次いでくれ、同便でラパスを目指す他のお客さんと共に一先ず荷物を受け取りに行きました。



からの!!!!

ラパス行きがなくなった?かもう行った?という事実を告げられました。

おわた/(^0^)\

がしかし、とりあえず空港前の4つ星ホテルを用意してもらえることに。

更にツアーの現地スタッフの日本人の方が交渉。


そしたらなんと!

ホテル使える+翌日まで待たなくても今夜の便でラパス入りできる+ラパスから軍の商用機でウユニに向かえる

ことに!

ウユニに本来の日程で行けることよりも、軍の商用機に一同歓声(笑)

そのままフードコートでお昼を食べ、

5-1.jpg


大富豪にて最強の社畜決定戦。

5-2.jpg


ペルーまで来て一体何をしているのか。

5-3.jpg



おかげ様で最強の社畜になることができました。

その後、再びやって来る空港でtrippieceCEOに俺のやり方を見ろ、出し方に問題があると言われ研修を受けました。

手札を見せてもらい解説付きで観戦。

他人の動きは特殊なカードの動向以外基本気にせず、最終的に勝ちたい形から逆算して出していけと。

指導丁寧過ぎて吹いたwww

優しいwwwww



●この一連の流れで考えないといけないと思ったこと

こういうのって初めてなんですよ。

あ、フライト関係のトラブルの話ですよ。

こういうのは初めてでした。

急に欠航とか言われたり、遅延で乗り継げなかったり。

航空会社や、遅延の影響で乗れなくなるバス会社への直接・間接的なやりとりは全部やって頂いたので自分は状況の好転に文字通りタダ乗りしただけです。


もし初めてこういう状況に対処しないといけないとき1人だったらどうするだろうと考えました。

1本目の飛行機を降りた直後に空港の人に伝えるのはどうにかすると思います。

でも、軍の商用機(笑)を引っ張り出してくるほどの直接・間接的な交渉に繋げれるかはちょっとわかんないです。
(日が詰まっていて後ろにずらせないときだけですよ。ずらせるなら思いっきり羽伸ばします笑)


○1

旅すること自体が目的なら、そういう旅行、特に海外等よくわからないことが多くなる場面でのトラブルをどうにかしてくれるサービスに頼ってればいいです。

ツアーなんて口開けて待ってればいいよねという話です。


○2

ちょっと他とは一味違う旅がしたいなぁなんてのが目的で、今回のtrippieceさんの企画みたいなのに乗っかるときは、そこの対処ができるって相当サービスとしてかっこいいよねっていう話です。

自分たちで立ち上げて(ツアー参加じゃなくてという意味で)行く以上は自分たちでどうにかしないといけない。

そういう状況で頼りになる人がいるのはほんとにありがたいことです。


○3

でも、とにかく1人でやり切るのが目的の旅のときってどうでしょう。

自分の力でどうにかしないといけないっていうのは大前提ですよね。

全部自分の力でできるようにならないといけないって話でもなくて、この人に頼んだらどうにかなるという人を見つけておくくらいはできないとですよね。


今回の自分の旅のスタンスってどうだったんでしょう。

とにかくアジアとヨーロッパ以外でガツンと絶景が見たいってものだったので、2つ目のタイプです。

けど、より少額・自力で行けるならそうしたいという思いはありました。

だから好転にタダ乗りしつつも、1人だったらどうしただろうという空想はめっちゃ大きかったです。

飛行機で周りにメンバーいない席のときずっとそのこと考えていました。


更にです。

最強の社畜の称号を勝ち得、たぶん1日で最も多く社畜と言われ、このタダ乗り状況もあったのですごい引っかかる一文、二文に出会いました。

1日目の前のエントリーで書いた村上龍『希望の国のエクソダス』(2002年、文春文庫)からです。

餌だけはきちんと毎食与えられて狭い鶏舎に閉じ込められた鶏のような人間だけになって、略奪と知らないまま略奪され尽くすことになるでしょう。~中略~ 養鶏場の鶏たちは、何も不足ないと思っていることでしょう。はっきりしているのは、今のこの国と同じで、養鶏場には希望だけがないということです。


文脈の説明は省きますが、今日の話しの流れからするとこの状況で何を感じるかって大事だったんじゃないかって思うんです。

仕事なり何なり物事に取り組むスタンス一般に関して。

たぶん、色んなことにある程度うまく物事が回る枠が知る・知らないによらず誰かに作られてます。

その枠の中で活動するだけでも何かしら充足はするはずです。たぶん。

でもそういう状況の中に自分はいるって意識できなくなったら終わりだと思いました。

枠組みに乗る旨みってかなりあるし、自分で枠組み作ったるねんとか言ってみるのもそう指摘すること自体に満足してしまう感はあります。

そういう立場でもいいから、自分で作るならこうしようって考えることだけはやろうと思いました。

社畜の星に俺はなるというやつですwww


あくまで僕個人のスタンスの問題なので他意は全くないですほんとに。



●16:00 チェックイン

4つ星ドヤ!

5-4.jpg



5-5.jpg



その日のうちにリマを発つことになったものの、休憩に使っていいと。

贅沢すぎわろたwww

久々に浴槽にお湯張って浸かりました。

極めつけはディナー。

5-6.jpg


5-7.jpg


何のスープなのか、何の魚なのか、俺にはちょっとわからないキリッ

けどめちゃおいしかったです。


で、最強の社畜に贈られた名誉ある罰ゲームとしてチェックアウトしてきました。

「あの…チェックアウトしたいんですけど…」

「えっ」

「えっ」

みたいな感じでした。

4つ星ホテル航空会社に取らせといて宿泊しないってこのJapたち何考えてんだ。

みたいな感じだったと思います。

全力で日本のお辞儀を見せつけました。



●21:00過ぎ リマ出発

諸事情あって急いでいたので、みんなで空港ダッシュ!

5-8.jpg


呑気に写真撮りながら走ってたのは秘密←

そしたら全然間に合ったのでちょっとだけ散策。

5-9.jpg


これは…。


ちなみに、CEOによる大富豪研修を受けたのはこのときです。

余談。


●1:30 ホテルグロリア到着

飛行機の中で学校のクラスに出会いびっくり!笑

行くってのは知ってましたが、紆余曲折を経てのフライトだったので余計にびっくりしました。


ボリビアのラパスに到着して、バスに揺られること15分。

深夜ってのもありますが、それでも暗い感じで、怖そうな野犬がけっこう吠えてて、なんか物騒です。


ホテルではこんなものが!

5-10.jpg


SAMSUNGのデスクトップ。

5-11.jpg

変わった形のハンガー。


今日はここまでです。

いよいよ明日は待ちに待ったウユニ塩湖!

ちょっと予定諸々把握し切ってなくて確実に更新できるかわかんないですが、絶景を頭に焼きつけてきます!!



●おまけ

なんか面白そうな本を読んでるメンバーがいたのでささっとご紹介!